Just another WordPress site

著作権

パンフレット制作の際に注意するべき「著作権」

現代の世界では法律による統治が当然の物とされており、これは日本という国でも同様のことになっています。
法律による統治の例を挙げて行けばきりがありませんが、ことパンフレットという場において重要なのは著作権です。

著作権はイラストレーターやジャーナリスト、音楽家や作家といったあらゆる表現活動にあたる著作者の利益を守るための権利であり、本人やその権利の管理団体から許諾を得なくては勝手に使うことはできません。

しかしパンフレット制作の際の著作権についてはかなり判断が難しいところもありますので、事前にしっかりチェックをしておかなくてはならないのです。
最も重要なのは「パンフレット制作の際に著作権を侵害するかどうかの判断基準はどこにあるのか」というところですが、これは元となる著作物と同一のもの、もしくはその著作物と誤認する可能性が高いものに関してはアウトとして考えておいた方が無難です。

例えば他社のキャラクターを勝手にパンフレットに印刷するというのは当然許されない話ですし、キャラクターのカラーリングを変えて「オリジナルの著作物です」と主張するのも無理があります。

完全にオリジナルであると言えるだけの根拠があるのであれば別ですが、そうではないのであれば基本的に他社がアイコンとして使用しているものや著作物として頒布されているものを使うのは避けなくてはなりません。

また最近人気がある著作者が自由に使って良いとして頒布しているフリー素材も、勝手にパンフレット制作に用いて良いのかと言われると少々注意が必要です。

というのもインターネットや雑誌などで頒布されているフリー素材はほとんどが個人利用、もしくは非営利目的での利用に範囲が絞られているからです。
ここを見落としてしまうと「フリー素材だから大丈夫だ」として自信満々にパンフレット制作に使って、配布が開始されてからいきなり著作者から配布を指し止められたりといったことがあり得てしまいます。

パンフレット制作は本来自社の価値をより高めるために行うもののはずです。
しかしそこで著作権を無視したりしてしまうと「この会社は権利関係がしっかりできていない」ということで却って悪評に繋がってしまうこともあります。

特に最近ではプロのイラストレーターなどであってもそうした点が問題になることが増えていますから、パンフレット制作の際にはデザインの段階から常に著作権に注意を払うことを忘れないようにしてください。