Just another WordPress site

見出しが重要

パンフレット制作に於いては見出しが重要

パンフレット制作に於いては見出しが重要であると良く言われます。単純に商品や物事を紹介する物なので、淡々とその内容を紹介した物が存在しても良いと思われるのですが、実際には最近のパンフレットの体系としては各ページに見出しが有り、これに続いて内容の紹介が記載される形がほとんどです。ではなぜこのようなパンフレット制作の方法が主流になっているのでしょうか。

パンフレットは非常に重要な商材ですが、訴えたいことを的確に理解できるように内容を整理しないと、なかなかその内容が伝わらないものです。単に商品の紹介を並べたり、仕様を記載しているだけの物ではあまり意味がないと言えるでしょう。その為パンフレットを見ると、その作成を行った人の力量が分かってしまうものです。

パンフレット制作に於いて重要なことは、紹介したい内容を端的にまとめることが出来るかどうかです。すなわち、商品を一言で表す見出しを的確に付けることが大切です。これを見ることで紹介したい内容を端的にまとめるとともに、本文を読ませるための興味を引き立て、詳細な内容を読んでもらうための大切な誘導となるのです。これが単純に冒頭から商品や内容の紹介を行う文章を記載してしまうと、なかなかその内容が読む人の頭に入ってこないようになるため、その内容が理解されにくくなってしまいます。

これは新聞や雑誌の記事を記載する方法と非常によく似ています。新聞や雑誌も、見出しでその記事の概要を示すとともに、記事本文を読ませるために敢えて核心部分については記載せずに、本文を読ませるように仕向けるといった方法がとられます。また、新聞や雑誌は表紙部分に見出しを記載することで、購買意欲をそそるといった効果もあります。

その為、パンフレット制作に於いてもっとも注意しなければならないことは、見出しを引き立てるためのレイアウトを行わなければいけないということです。その為多くの場合に於いて書体を他と変えたり、枠で囲ったりといった工夫をして、より引き立つようにすることが大切です。せっかく良い見出しを作っても、これが引き立たないのではあまり意味がありません。

パンフレット制作に於いては、このように記事を2段階で記載するとよりその内容が整理され、また読んでもらえるパンフレットになります。そのためパンフレット制作に於いてはこの方法を意識して実際の内容を作成することが、商材としての効果を高めるパンフレットを作る方法です。