Just another WordPress site

ノウハウについて

パンフレット制作のノウハウについて

パンフレット制作においては、その目的に応じたアプローチを取る必要があります。そのためには幾つかのノウハウを知っておく必要があります。パンフレット制作における目的は幾つかのパターンに分かれます。それぞれに対してどのような取り組みをすれば良いのかを知るということになります。

まず物品に関する宣伝であれば、当然ながらメインは写真になります。そこでも心得ておくべきノウハウがあります。例えば食品であれば、いかに美味しそうにするかが重要です。そのためにはカラー補正をかけることが必要となります。大抵の食品は赤みを強めることによって、美味しさが伝わるようになります。通常の蛍光灯の下で撮影をすると青みが強くなるので、レタッチで補正をするか、あるいは色評価用の蛍光灯の下で撮影することが必要です。パンフレット制作においては、まず試し刷りを行って品質チェックをするわけですが、その際も蛍光灯は色評価用のものを使うことが鉄則です。

また、家電製品などのような物品の場合には、いかに質感を持たせるかも重要となります。通常の写真ではなくCGを制作することも有効です。写真ではなかなか伝えることができない質感をしっかりと出すことができるからです。さらに光の当て具合によっても印象は大きく変わりますが、CGであればそれも自由に設定することが可能となります。

その上で、商品説明をどのように記載するかがポイントとなります。その魅力を伝えるためにできる限り多くの情報を盛り込みたいと思うところですが、あまりに内容を詰め込み過ぎると読む意欲を失うことになりかねないものです。そこで必要なノウハウとしては、引き算の考え方を利用することです。伝えたい情報から何を引いていくのか、そして何を残すのかを考えるというものです。先に残すものを考えるのではなく、引くものを考えるのがポイントです。

また、パンフレット制作をどこに依頼するのかもノウハウがあります。上記のようなカラー写真が重要なポイントとなるならば格安のネットプリントは避けた方が良いものです。カラー補正をクライアントが自由に要求することが難しいからです。

もちろんその品質はかなり高いものですが、その色合いが求めるものであるかどうかは別問題となるからです。そこで従来の製版会社に依頼して、営業と細かな打ち合わせを行った上で何度か試し刷りをお願いすることが適切となります。このように、求める品質に応じてパンフレット制作を依頼する業者を選ぶことも必要です。