Just another WordPress site

余白の重要性

パンフレット制作における余白の重要性について

パンフレット制作に於いては、一般的に出来るだけ余白を作らずに紙面を効果的に使う方が良いと思われています。しかし、パンフレットの内容によっては、敢えて余白を取っておく方が良いと言われるものも有ります。その用途や種類により判断が分かれてしまうものですが、実はその基準は非常に曖昧で、多くのパンフレット制作者が誤ってしまう難しい部分でもあります。

パンフレットは商品の発表会やイベントなどで配布し、展示されている商品やサービスの情報を広く知ってもらうために重要なものですが、その他にも手元に置いておいて必要な時に取り出してみてもらうといったことも大きな効果として期待されているものです。その為、出来るだけ手元に置いてもらい、必要な時に見返してもらうための工夫をする必要があります。

書類の量が少なかったり、或いは広いスペースが確保できる人であればパンフレットは机の上などにそのまま置いておいても見返すことが出来ますし、実際にそのような効果も狙っている部分が有るのですが、忙しく書類の多いビジネスマンにとってはそのまま机の上にパンフレットを置いておくということはできません。その為、多くはパンフレットに穴を開け分類しファイルに保管する、といった事を行っている人が多いのです。そうすることで必要な書類をすぐに閲覧することができ、時間の節約に役立てている人は多いものです。

その為、そのような人の多くは綴じ代の無いパンフレットに対しては嫌な印象を持ってしまう部分が有ります。穴が開けられないためパンフレットをファイルに保管できずに捨ててしまう人も少なくありませんし、有りは逆に穴を開けてファイルに保管してしまうために一部が読めなくなってしまい、情報が正確に伝わらなくなってしまったという例もあります。そのような忙しいビジネスマンにパンフレットをしっかりと読むためには、穴を開ける余白が存在すると非常に重宝するものです。さらに、そのような余白を作っている企業に好印象を持つことも有ります。これは非常に分かりにくいものですが、非常に重要な事なのです。

パンフレット制作を行う場合に於いては、このように見る人の行動を予測した上で分野分けし、これに合わせたパンフレット制作を行うことが広告宣伝の効果を上げる上で非常に重要です。内容を如何に端的に表現するか、限られた紙面をどの様に効果的に利用するのかといったことも重要ですが、パンフレット制作の重要性は、このような細かい気配りにあるのです。