Just another WordPress site

フリー素材

フリー素材をパンフレット制作に使う際の注意点

パンフレット制作の際にはさまざまな素材が必要になります。
大きいところでいえば説明する商品の写真、サービスのイメージ画像、また必要に応じて社長や商品の開発責任者などの人物写真も必要になるかもしれません。

そしてパンフレット制作でより華のあるものを完成させたいのであれば、罫線などの細かな部分までしっかりと素材を調達しておく必要があります。
そうした素材を調達するための有力な選択肢となっているのが自由に使用できるフリー素材なのですが、実はパンフレット制作においてフリー素材には見落としがちな落とし穴があるのです。

ではそのフリー素材の落とし穴とは何かというと、これは「使用が認められる範囲」です。
フリー素材と言うと誰でも自由に利用してよい素材だと思われがちですが、これはあくまでも「一定条件の範囲内であれば使用に際して料金を徴収しないし著作権の主張もしない」というものでしかありません。

そして素材を配布している書籍やインターネットのサイトでは、ほぼ間違いなく「認められる範囲」が明記されています。
もちろんこの認められる範囲を見て問題ないと判断できるのであれば良いのですが、多くの書籍・サイトでは「個人利用に限る」や「非商用利用に限る」と書いてあるものです。

パンフレット制作となると基本的に会社の広報として使用するものですから、たとえ無料配布であっても個人利用として想定さえている範囲を超えてしまう可能性が高いでしょう。

ましてや有料で頒布するパンフレットに使うとなってくると、それは商用利用ではないかと疑われることになります。
加えてそうしたことをチェックしないままにパンフレット制作をして、頒布を開始した後になってから指摘をされるなどのことになると会社の信用そのものに悪い影響が出てきてしまうのです。

フリー素材は非常に便利なものであるということは疑いようもない事実です。
特にしっかりとした技術を持つデザイナーやイラストレーターが手掛けたフリー素材であれば、パンフレット制作においても心強い味方となってくれることでしょう。

しかしどれだけ便利なものであっても利用に際してはルールを守る必要があるのですから身勝手に使うことは許されません。
もしフリー素材にパンフレット制作に使えそうな素材があったという場合であっても、まずはしっかりと利用規約を熟読し、もし個人利用・非商用利用に限って使用できるとあった場合には著作者に連絡をして、パンフレット制作のために使用できないか打診するようにしてください。